メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>広東
更新時間:11:00 Dec 05 2008
2010年アジア大会までに地下鉄230キロを整備 広州市
 1997年6月の広州地下鉄1号線開通以来、広州市ではこれまでの11年間で1・2・3・4号の各路線、総延長116キロメートル、計66駅が完成し、運営が行われている。広州市は2010年広州アジア大会の開幕に向け、地下鉄総延長を230キロメートルとする計画で、計画実現のあかつきには世界10大地下鉄都市のひとつとなる。広州市はさらに2020年までに、計20路線・総延長500キロメートルを目指している。「中国新聞網」が伝えた。

 現在、広州市地下鉄の1日平均の利用客数は延べ160万人を超え、列車の到着・発車時刻遵守率は99.8%以上に達しており、サービス満足度も広東省の公共交通で最も高い。

 同市地下鉄2号線の車両は全国で初めて国産化率70%を達成、また3号線は国内で最も速い地下鉄として知られる。さらに、4号線ではリニアモーター方式を採用、世界でも最先端の地下鉄路線であるほか、広州市地下鉄では中国大陸部の地下鉄で初めてホームドアと剛体電車線が採用された。(編集HT)

 「人民網日本語版」2008年11月11日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える