メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:13:44 Nov 17 2008
緊急事態に関する意識調査(1)避難ルートに無関心
 華東政法大学の学生社会実践団はこのほど、上海市民100人を対象に上海人の緊急事態に関する意識調査を行った。大学生は市民に自主的に防災知識を学ぶよう呼びかける一方で、住宅地で住民や小中学生に防災知識の普及を行っている。「新聞晩報」が伝えた。

 ▽避難ルートに注意する市民は3分の1

 16日に発表された最新の報告で、80%の市民が近くの避難所を知らないことがわかった。徐匯区だけでも05年までに最大1~2日間の避難生活を送れる緊急避難所が13地域の13カ所に設置され、特別な状況に備えている。大勢の市民がこのことを何も知らないのは、住民が周囲の避難施設に無関心だからか?それとも施設が整っていないからか?関係部門が住民に知らせていないからか?という大学生からの疑問の声があがった。

 「ホテルにチェックインした後に避難ルートの案内図をじっくり観察するか」という質問で、毎回注意して見るという市民は36%、ときどき注意するが48%、これまで気にしたことがないが11%、まったく知らなかったが5%だった。今回の調査を担当した盧静さんは、「避難ルートは見知らぬ場所で方向を示してくれる案内人だ。ほとんどの場合は役に立たないかもしれないが、緊急の事態に遭遇した時にその役割を発揮する」と指摘する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年11月17日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える