メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:14:49 Nov 17 2008
瀋陽市政府に市民が接待費などの収支開示を要求(2)
 ■政務公開弁公室「前例がなく、結果は楽観できない」

 瀋陽市政務公開弁公室の担当者は、すでに温さんの開示請求書は受理したとして「現在の審査状況からすると、請求は『条例』の規定に沿っている。すでに手続に沿って請求書を当該60機関に発送している。財政局、監査局とも協調して、積極的に財務公開に取り組んでいる」と述べた。

 「財政局、監査局共にすでに私の請求を受け取っているが、まだ回答も態度表明もない」と温さんは言う。

 「条例」は「行政機関はその場で回答できない場合、請求を受理してから15業務日内に回答を行わなければならない。回答期限の延長が必要な場合は、政府情報公開業務機関の責任者の同意を得ると共に、請求人に告知しなければならない。回答期限の延長は最長で15業務日を超えてはならない」と定める。つまり、3機関は1カ月以内に温さんに回答しなければならないということだ。

 「国内ではまだ先例がなく、また政府機関の財務情報は極めて敏感で、難度も極めて高いため、この開示請求はたぶん簡単には通らないだろう。結果は余り楽観できないだろう」と、瀋陽市政務公開弁公室の担当者は分析する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年11月17日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える