メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会・生活>>注目トピックス
更新時間:11:26 Dec 07 2008
五輪開幕日に申請、「8月8日」の日付入り身分証が発行
手に入ったばかりの「五輪身分証」を見せる市民(元画像のサイズ:2450ピクセル×1633ピクセル ファイルサイズ:629KB)
「五輪身分証」の裏面と表面(元画像のサイズ:1641ピクセル×2050ピクセル ファイルサイズ:731KB)
 オリンピックイヤーとなった今年、喜びのムードが全国を包み、人々は様々な「五輪記念グッズ」を集めた。三峡ダムエリアにある重慶市雲陽県では、自分の身分証(IDカード)を「五輪記念グッズ」とするため、多くの人が開幕日の8月8日に新身分証の申請をした。3カ月が過ぎ、これらの身分証が手続きを終え、人々の手元に届き始めた。

 雲陽県公安局は18日、「8月8日の日付入り」身分証を初めて発行した。申請日時として2008年8月8日が印刷された新身分証は、北京五輪の記念グッズとして、有効期間内は市民と生活をともに過ごし、失効後はコレクションとして保存される。(編集SN)

 「人民網日本語版」2008年11月19日

 *「人民図片網」の文字が入った写真の著作権は本サイトに属します。いかなるウェブサイト、新聞・雑誌、テレビ局も人民図片網の許可なく、写真の一部および全体の複製・転載を行うことを禁じます。購入をご希望の場合は、人民網(86-10?58203978・E-mail:[email protected])までご連絡ください。
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える