メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:09:23 Nov 20 2008
北京市、自動車の総量規制取り止めへ
 北京市発展改革委員会の王海平・副主任は19日、北京の渋滞問題を解決するために行ってきた自動車の総量規制、自動車の購入規制、ナンバープレートの発行制限を取り止める方針を明らかにした。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 内需拡大や、国民経済促進の安定した高成長を継続するという大局、国の自動車工業における長期的な発展の必要、それに生活向上に伴いその質も高めたいという市民の要望を考え、自動車の総量規制・自動車の購入規制・ナンバープレートの発行制限は「不適切」だと判断。

 交通渋滞の解決には、公共交通機関の建設スピードを加速し、その収容能力と利便性の向上を図るなど、軌道交通を中心とした公共交通機関の発展に力が注がれる。また、継続的に路線バス優先の発展戦略を進め、公共交通機関のスピードと乗り心地をよりよくし、市民が公共交通機関を選択するような経済政策などが今後も継続して講じられる。

 北京市は2010年までにのべ900億元を投資して軌道交通を建設し、市内全域を300キロにわたって網羅する見通し。うち、新たに建設される軌道交通路線は100キロにわたり、毎年少なくとも1路線を開通する計画だ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年11月20日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える