メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:13:03 Nov 20 2008
上海ディズニーランド建設に懸念事項なし
 上海ディズニープロジェクト建設プロジェクトの考察研究とフィージビリティ・スタディに長く携わってきた専門家はこのほど、「上海ディズニーランド建設に関する懸念事項はもはや皆無となった」と語った。サービスや製造など多業界に関連するこの総合娯楽ブランドは、上海経済を牽引する新しい主要エンジンになる。「上海証券報」が伝えた。

 上海市関連部門と米ウォルト・ディズニー社は、協力に関するいくつかの具体的詳細について交渉を重ねているという。ある関係者は、「米ディズニー側からの提示価格があまりにも高い事が、過去の交渉において足かせとなっていた。米国経済が落ち込んでいる現在、ディズニーが価格面でいくらか譲歩する可能性がある。これは、上海側が交渉を有利に進めるための好材料となる」と指摘する。知的財産権の使用、中国側・外国側の出資比率などの問題はすべて極秘事項となっており、今のところ明らかにされていない。この関係者は、「そうは言っても、上海ディズニーランド建設プロジェクトが実現することは間違いない。国務院の審査許可は、ただ時期の問題に過ぎない」と続けた。

 ディズニーランド建設プロジェクトの建設予定地は、上海浦東川沙と南匯とを跨ぐ黄楼地区。同地区が選ばれた決め手となった一つは、上海浦東国際空港へ車でわずか数十分というアクセスの良さだ。専門家によると、関連規定では、上海でトランジットする旅客は48時間以内の滞在であれば、ビザが不要という。(編集KM)

 「人民網日本語版」2008年11月20日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える