メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:11:19 Nov 21 2008
杭州の地下鉄陥没事故、3つの事故原因
 杭州市の地下鉄陥没事故現場で21日午前12時5分ごろ、丸一日の救援活動を通じて基礎坑から7体目の犠牲者の遺体が引き上げられた。これまでに事故による死者は9人、行方不明者は12人にのぼっている。「中国新聞網」が伝えた。

 中鉄四局・杭州地下鉄1号線湘湖駅の梅小峰・常務副総経理によると、事故発生後、中鉄四局が直ちに事故調査にあたる専門家チームを発足して事故原因を調べたところ、次の3つの原因がひとまず明らかになったという。

 (1)杭州の土質の特殊性。測量によると、事故発生区間の地盤は沖積粘土で水分が流失しやすい。

 (2)陥没地点である風情大道はこれまで幹線道路として利用され、交通量が多く、積載量の多い大型バスやトラックなども行き来しているため、基礎坑西側の壁への衝撃が大きすぎた。

 (3)杭州では今年、10月にしては珍しく連日雨が続いたため、地盤土の流動が一層高まった。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年11月21日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える