メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>新疆
更新時間:11:37 Dec 04 2008
新疆の砂漠でストーンサークル群が発見
 新疆吐魯番(トルファン)地区ゼン善県の文化関係者がこのほど、火焔山北部のゴビ砂漠で広大な面積にわたる神秘的なストーンサークルの群れを発見した。遺跡群の分布範囲は約670万平方メートルにわたっている。

 ゼン善県連木沁鎮から10キロ余りのゴビ砂漠で見つかった遺跡群は、石を並べて作られ、大きさも形もさまざまだ。円形のものもあれば四角のものもある。「口」の形がつなげられているデザインのものもあれば、円形と方形が重なったものもある。「太陽圏」と名付けられた巨大なストーンサークルは4つの同心円からなり、最大の円は直径8メートル、最小の円はすでに破損している。これらの遺跡で使われた石は、付近のゴビ砂漠ではほとんど見られないもの。ストーンサークルの形成と歴史は謎に包まれており、専門家の調査が行われる予定だ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年11月21日

 *「人民図片網」の文字が入った写真の著作権は本サイトに属します。いかなるウェブサイト、新聞・雑誌、テレビ局も人民図片網の許可なく、写真の一部および全体の複製・転載を行うことを禁じます。購入をご希望の場合は、人民網(86-10-58203978・E-mail:[email protected])までご連絡ください。
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える