メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>新疆
更新時間:11:26 Dec 07 2008
砂漠に建てられた森林都市 新疆アクス
原始胡楊(コヨウ)林
多浪河鳥瞰図
 新疆天山の南にある阿克蘇(アクス)市はこのほど、「国家森林都市」の称号を獲得した。中国西北部の省での「国家森林都市」認定はこれが初めて。アクス市の森林カバー率は40.3%、都市建設区森林カバー率は39.5%、一人当たりの公共緑地面積は9.2平方メートルに達する。「中国ラジオ網」が伝えた。

 アクス市は05年から、「オアシス生態保護林システム」「高品質で特色ある林業システム」「都市森林生態ネットワークシステム」の構築に力を入れ、都市・森林・公園の3者の融合をはかってきた。アクス市が砂漠に建てたこの森林都市は、自然条件の近い西北地域などでの砂漠化防止・「退耕還林(耕地を森林に戻す)」プロジェクト・森林都市構築にとっても参考価値のある実例となりそうだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年11月24日

関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える