メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:09:47 Nov 26 2008
北京 エイズ感染経路のトップが性的接触に
 北京市衛生局の方来英・局長は、今年1~10月の北京市におけるエイズ患者の感染経路は性的接触が54.6%を占め、初めて静注薬物濫用を抜き、エイズの感染経路でトップとなった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 方局長は25日に行われた北京市のエイズ予防会議で、「北京市では性的接触による感染の割合が04年は24.9%、05年は34%、06年は41.4%、07年は41.5%と年々上昇している。さらに今年は最も多い感染経路となり、全体の54.6%にのぼった。性的接触による感染の増加は、エイズがハイリスクグループから次第に一般グループにまで拡散している傾向をあらわしている」と紹介した。

 現在北京市におけるエイズ感染には3つの経路が存在するが、やはりその主体は性的接触と静注薬物濫用だ。1985年から今年10月末までに北京市で確認された感染者のうち、性的接触が35.1%、静注薬物濫用が34.4%、血液感染が11.8%、母子感染が1.1%だった。

 今年10月末までに北京市で確認されたエイズ感染者とHIV感染者の数はのべ5635人、内訳は北京市民が1184人で21%、他省の住民が4232人で75.1%、外国籍の住民が219人で3.9%となっている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年11月26日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える