メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>広東
更新時間:11:27 Dec 07 2008
北京の工芸美術品の数々が広州で展示
「雕漆」の作品(元画像のサイズ:3008ピクセル×2000ピクセル ファイルサイズ:760KB)
福寿ひょうたん(元画像のサイズ:3008ピクセル×2000ピクセル ファイルサイズ:853KB)
 北京伝統工芸美術精品展が27日、広州二沙島嶺南会展覧館で開幕した。12月7日まで行われ、入場料は無料。主催は中国工芸美術学会と広東中華民族文化促進会。国家級の大家による作品や、芸術界の新鋭による作品など1000点以上が展示される。
 
 展覧会では、「景泰藍(七宝焼きの一種)」、「玉雕(玉に彫刻を施したもの)」、「雕漆(漆の工芸品)」など、国内外でも有名な北京の工芸美術品のほか、京劇の隈取、しん粉細工の人形、中国結びなど、北京の庶民的な民間工芸品が展示される。中でも目玉となるのは、300点以上にのぼる「景泰藍」の作品群だ。(編集SN)

 *「人民図片網」の文字が入った写真の著作権は本サイトに属します。いかなるウェブサイト、新聞・雑誌、テレビ局も人民図片網の許可なく、写真の一部および全体の複製・転載を行うことを禁じます。購入をご希望の場合は、人民網(86-10?58203978・E-mail:zhanglulu@peopledaily.com.cn)までご連絡ください。

 「人民網日本語版」 2008年11月28日
[1] [2]




関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える