メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:17:03 Dec 05 2008
金融危機のあおりで寂しい「女生節」(2)
 ▽節約のため、プレゼントは実用品が主流

 「今年の女生節記念はがきです。クラスメートへのプレゼントにどうですか?」広工大の集郵(切手集め)協会は、「広東工業大学第18回女生節記念はがき」を新しく発売した。同協会責任者の何さんは「これらの記念はがきは、企画から申請・発行に至るまで、協会が一切を取り仕切って行いました。数名の責任者がポケットマネーから計1千元以上を出したのです。しかし、ようやく3分の1が売れただけで、これは去年より1千元以上少ない額です」と語った。

 今年の女生節プレゼントは、花束やぬいぐるみが主流だった去年までとは異なり、より実用的でリーズナブルな価格の品物に人気が集まっている。女子学生に洗濯機を送ったクラスもいくつかあったが、それ以外のほとんどは、ルームシューズや湯たんぽなどの廉価でちょっとした贈り物を選んでいる。なんと、生理用ナプキンのプレゼントまであった。(編集KM)

 「人民網日本語版」2008年11月28日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える