メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>江西
更新時間:11:27 Dec 07 2008
江西省 民家で清代の彩色画200点以上を発見
元画像のサイズ:3264ピクセル×2448ピクセル ファイルサイズ:895KB
元画像のサイズ:2448ピクセル×3264ピクセル ファイルサイズ:560KB
 江西省遂川県草林鎮悠湖村の古い民家で11月30日、清代の彩色画200点以上が発見された。彩色画はそれぞれ民家の正面ホール、母屋の前方両側の棟、廊下の天井部分、軒部分などから発見された。形は円形、長方形、扇形、桃の形など様々で、絵の内容は、人物、山水、花、鳥、虫、魚、歴史物語、民間の伝説、詩の挿絵など。絵はリアルに描かれ、構図、間隔、色彩などはすばらしく、深い寓意が込められており、福、禄、寿、真、善、美などの伝統文化を表したものとなっている。

 鑑定の結果、これらの絵は今から199年前の清代1809年に描かれたものであることがわかった。これらの絵から、当時の家の主人の豊かさ、気概、華麗な生活の様子が伺える。民家からこれほど多くの、保存状態がよい彩色画が見つかるのはめずらしいという。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2008年12月01日

 *「人民図片網」の文字が入った写真の著作権は本サイトに属します。いかなるウェブサイト、新聞・雑誌、テレビ局も人民図片網の許可なく、写真の一部および全体の複製・転載を行うことを禁じます。購入をご希望の場合は、人民網(86-10?58203978・E-mail:[email protected])までご連絡ください。
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える