メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:15:45 Dec 01 2008
山西のビジネスマン、北京団体ツアーで不動産購入
北京五環路付近に建つ高級別荘マンションの模型に見入る「晋商」たち
 山西省運城市のビジネスマン「晋商」の一行総勢53人が先月30日、チャーター機で北京を訪れ不動産を購入した。買い求めたのは主に300万~1千万元の中・高級住宅で、こうした形で北京の不動産を購入したケースはこれまでで初めてのケースだという。

 先月30日午前11時20分、北京首都空港の第3ターミナルビルに、ある不動産サイトの呼びかけに応じて集まった山西省ビジネスマンの不動産購入フライトツアー「第一期山西運城・河津フライトツアー」の一行53人が、チャーター機で北京に到着した。同サイトの王一副総裁によると、ツアー参加者は主に、民間企業の経営者、炭坑所有者、大学教授などだという。

 参加者の最年少は22歳の梁永利さん。運城市でダンスホールを経営しており、今回は北京で100平方メートルほどの事務所兼住居を購入し、将来は北京に拠点を移す計画だという。

 ある年配の晋商は、今回の住宅購入は子どもの進学や就職をにらんでのことと話す。

 参加者の劉さんは北京での住宅購入について、「北京の不動産価格は下がる一方で、これ以上は大きく下がりようがないところまできて、底を打ったといえる。ほかの投資に比べ、不動産投資はより確実だ」と率直に語る。(編集KS

 「人民網日本語版」2008年12月1日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える