メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>北京
更新時間:15:49 Dec 04 2008
2010年上海万博に「中国鉄道館」出展
 鉄道部と上海世界博覧会(上海万博)組織委員会はこのほど北京で出展合意に署名、鉄道部は万博園区浦西エリアに「中国鉄道館」を出展する。 新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 中国鉄道館は建設プランにおいて上海万博のテーマとコンセプトを存分に表現する計画という。各構成要素を媒体として、人類文明の発展過程に対して鉄道が及ぼしたプラス影響および中国鉄道における科学技術革新の新成果が展示される。

 1876年、上海に中国初の運営鉄道・呉淞鉄道が開通した。以来、中国鉄道の歩みは130年あまりにわたり続いてきた。上海万博組織委員会委員の楊雄氏(執行委員会常務副主任)は、「新中国成立後、鉄道は中国の社会経済発展に対して多大に貢献してきた。鉄道システムは建設プロセス、運営管理、科学技術革新など各方面で顕著な成果をあげている。鉄道業界が万博に出展する意義は極めて重大だ」とコメントしている。(編集KM)

 「人民網日本語版」 2008年8月8日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える