メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>中日交流
更新時間:13:47 Dec 22 2008
改革開放30年の中国の変化--日韓ドラマ篇
 ■深く刻まれた想い出:日韓ドラマ

 わたしたちの日常生活には、さまざまなテレビドラマが溢れている。こうした無数のドラマは、武侠、恋愛、リメイク、サスペンスを問わず、過去30年間に多くの作品がわたしたちの心に深く刻まれ、記憶の大河に輝く不滅の星々となっている。ここでは、過去30年間に中国で放映された日本や韓国のドラマを振り返り、わたしたちの記憶の大河にさざ波を呼び起こしたい。

 「姿三四郎」

 日本の柔道を描いたこの作品は「視聴率」という言葉が余り使われなかった当時も高視聴率を上げた。黒澤明の第1回監督作品で、上映されるや世間をあっと言わせ、高い評価を受けた。

 「燃えろアタック」

 バレーボールブームを巻き起こした作品。「小鹿純子(小鹿ジュン)」という名は誰もが確実に知っている。

 「赤い疑惑」

 悲劇的な結末が残念だったが、やはり有名な作品だ。山口百恵と三浦友和の共演に人々は胸躍らせた。

 「君よ憤怒の河を渉れ」

 作中の高倉健の硬骨漢のイメージは、中国のスクリーンに溢れるやわな二枚目たちを葬り去った。この後、男らしい男を求める声がよく聞かれるようになった。肩まで髪を伸ばし、革製の靴を履き、表面上は清純だが心の奥には燃え上がる火を秘めた真由美に、中国の若い男性は夢中になった。

 「宮廷女官チャングムの誓い」

 詳しく紹介する必要もない有名ドラマ。中国、韓国、日本で高視聴率を記録した。ドラマそのものだけでなく、関連商品もよく売れた。こうしたことからも、その影響の大きさがわかる。(編集NA)

 「人民網日本語版」 2008年09月05日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える