メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>生活
更新時間:16:11 Oct 30 2008
重慶肥満女性の会、「太っていても楽しく過ごそう」宣言(2)
 ▽人に左右されない

 「わたしたちは太っていることに自信を持ち、強くなろう」。会員の肥満女性たちはみんな、ジョークを言えるようにならなければならない。冗談には、楽しい雰囲気を作る以外に、周りの人を明るくし、自信をつけさせる効果がある。

 体重68キログラム、身長158センチの胡敏さんは、小さい頃から太っているという理由で、周りから笑われ、いじめられてきた。

 昨年の夏、友だち同士の集まりで、性格が明るい3歳年上の林偉(仮名)君と知り合い、一目ぼれをした彼女は、毎日のように手作りのスープを彼に届け、マフラーを編んでプレゼントもした。彼女の一途さに感動した林君は、彼女と正式に交際する事に同意したが、一つだけ条件があった。それは、2人が付き合っていることを、他の誰にも知らせてはいけない、というものだった。

 それまで恋愛経験のなかった胡敏さんは、始めの頃、突然やって来た幸せにひたっていた。だが、しばらくすると、林君が他の友人との約束には決して彼女を連れて行かないこと、街に出たときも、2人の間の距離を保っていることが分かるようになってきた。ある日、2人が街を歩いていると、林君の友人にばったりと出会った。その友人は笑って「このオデブちゃんが、お前の彼女かよ?」と聞くと、林君は「まさか!ただの従姉妹だよ」と答えた。彼のこの言葉に、胡敏さんは遣り切れない気持ちが抑えられなかった。ある日、胡敏さんはひとしきり泣いた後、もう2度とこんな卑屈な気持ちになりたくない、林君との仲を公表したい、と思うようになった。しかし林君は、「50キロに痩せたら、また付き合おうよ」という言葉を残し、彼女から去っていった。

 それから、胡敏さんはダイエットに励んだ。1日3食の食事をリンゴ1個だけで通し、お腹がすけば水を飲み誤魔化した。半月後のある日、胡敏さんは路上で倒れ、運び込まれた病院の医師から「重度の貧血」との診断を受けた。父母を心配させるに忍びなく、胡敏さんは今後ダイエットをしないと約束した。しかし失恋の痛みは、癒されることはなかった。

 昨年の冬、友人の紹介で、胡敏さんは唐雪妍さんの店で服を買うようになった。胡敏さんは「あの時、白い目でまた見られるんじゃないか、ってとても不安でした」と話す。唐雪妍さんは、胡敏さんにお茶を入れながら、「気に入った服があれば何でも試着して見なさいよ。何も不安がることないわ」と胡敏さんを勇気付けた。「またいつでもいらっしゃい。太ったお客はみんな大好きよ」と。常連客の何人かも積極的に話し掛けてくれ、胡敏さんは彼女らの活動によく参加するようになり、失恋の痛手もだんだん薄れてきた。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年10月30日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚 映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚