【今週のトピックス】日本家電メーカーは赤字計上 白物家電市場の重心は中国に
日本家電メーカーをうち負かしたのは誰?

 日本は家電メーカーの数が多く、最近は日本政府の財政力が低迷しているため、僧侶が多く粥が少ないという状態になり、政府からメーカーへの支援が十分に行えなくなっていた。政府の支援には限りがあり、日本メーカーは大規模な投資を行って液晶ディスプレーの生産ラインをうち出すことができずにいる...


ハイアールが三洋買収、白物家電の主導権は中国に

  世界的なインフレは今後も長期的に続くだろう。世界的規模のコストの優位性がなく、ヨーロッパ、日本、北アメリカなどコストの高い3地域では、伝統的な白物家電ブランドがコストを抑制できない状態になっている...


ハイアールが三洋買収 日本の中国企業に対する態度に変化

 今年に入り、中国本土企業による日本企業買収の取引総額が大幅に増加しているのに伴い、日本の実業界に長く存在していた中国の投資家に対する疑心暗鬼の念は徐々になくなっている...


日本家電メーカーが業績不振に、白物家電事業の売却が焦点

 日本の大手家電メーカー(パナソニック、東芝、日立、ソニー、シャープ、三洋等)がこのほど、2011年度第1四半期決算を発表した。これによると、大手家電メーカーが全体的に業績不振に陥り、日本製造業の景況感が低迷している...


パナソニック 三洋家電部門をハイアールに売却

 日本の電機・家電大手パナソニックは2011年(財政年度)に100%子会社・三洋電機の洗濯機業務および冷蔵庫業務を中国の家電大手・海爾(ハイアール)集団に売却することを明らかにした。これにより、パナソニックは三洋を子会社化した...