メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済
更新時間:10:42 Aug 14 2008
甘粛省は漢方薬の主産地 輸出総量の4分の3独占
 甘粛省の漢方薬材の年間取引量は現在、18万トンにのぼり、全国の輸出量の約4分の3を占めている。同省定西市で現在開かれている「中国?定西第1回漢方薬材産業発展大会」で明らかになった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 2008年、同省の漢方薬材の作付け面積は230万ムー(約17万3千ヘクタール)に達し、総生産量は推定40万トン、生産額は26億元を超える。これは漢方薬材産業がすでに同省農村の経済発展を促進し、農民に収入増加をもたらす主力産業になったことをあらわしている。

 同省はさらに漢方薬材の生産、加工システムの確立を急ぎ、市場型営業メカニズムの整備、研究開発システムの推進に力を入れている。これにより同省を漢方薬材の現代的な加工基地とし、産業に強い省にするという長期的な目標を実現する。(編集YS)

 「人民網日本語版」 2008年7月31日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」