メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済
更新時間:10:42 Aug 14 2008
中国の穀物が連年豊作、インフレ抑制の堅固な基盤に
 農業部の最新発表によると、全国的に早稲は豊作間近、秋穀物の生産状況も良好で、穀物を始めとする農産物の生産は今年も良好な成長基調にある。これは夏穀物の豊作に続く良いニュースで、今年の経済・社会発展にとってプラスになるものだ。穀物生産の持続的で安定した発展はインフレの効果的な抑制に堅固な物質的基盤を提供し、世界の食糧価格の安定にも重要な貢献を果たしている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 農業部の孫政才部長は「穀物は生活を維持し、物価を安定させ、民心を穏やかにする上で鍵となる商品」と指摘。インフレを効果的に抑制し、国民経済のより良くより速い発展を保つ上で、依然として農業は極めて重要だ。市場供給を保証し、インフレを抑制し、今年の経済・社会発展目標を達成するために、農業と穀物生産の一層の強化が急がれている。

 中国の連年の豊作は「中国には国内生産に立脚して食糧安保を確保する能力が完全にある」ということを高らかに世界に告げるものである。中国は世界の食糧・農業発展の促進にも一貫して貢献してきた。

 2006年以降を振り返ると、バイオマスエネルギーの世界的な急成長、自然災害による減産、国際原油価格の持続的な高騰、投機資本などの総合的な影響を受け、世界的に食糧供給が逼迫し、穀物を始めとする主要農産品の価格は右肩上がりに上昇してきた。国連機関の統計によると、昨年だけで世界の食糧価格は42%上昇し、世界の穀物在庫は年内に過去四半世紀で最低の水準に落ち込むと予測される。

 この世界的な食糧危機の中にあって、中国はいまだ衝撃を受けていない。「中国の安定した食糧価格が世界の食糧価格の安定に果たす役割は大きい。中国の指導者が農業を『国家の重要事』と見なしているため、中国は食糧の安定供給を確保する能力を得たのだ。中国の経験は注目に値する」と、国連食糧農業機関(FAO)は高く評価する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年8月4日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」