2008年12月10日    中国語版日本版
更新時間:18:00 Dec 10 2008

王子製紙、中国での日本資本で最高額の20億ドルを投資

 世界を席巻している金融危機と日増しに厳しさを増す経済情勢のため、多くの外資企業が次々と中国での投資計画を遅らせたり棚上げし、既存のプロジェクトでも次々と減産や規模縮小の情報が伝えられている中で、日本最大、世界第6位の大手製紙グループである日本の王子製紙は逆に中国市場で大きな一歩を踏み出した。

 日本最大の製紙企業である王子製紙が南通経済技術開発区総公司と合弁で設立する江蘇王子製紙有限公司が、先ごろ建設を開始した。同プロジェクトの総投資は20億ドル近くで、これまでの日本企業の中国での投資で最大の工業プロジェクトであるだけでなく、外商による中国への投資プロジェクトにおける1件あたりの投資規模としてはこれまでで最大となる。

 「中国の現在の紙消費量は世界第2位で、今年は米国を超えて世界第1の紙消費国となる可能性がある。日本の紙のニーズは既に飽和に近づいており、新たな成長は難しいが、中国の紙のニーズは毎年10%以上のスピードで成長している。私たちは中国で新たに発展することを非常に期待している。」日本の王子製紙中国事業部の渡辺正本部長は語っている。

 今回建設が始まった江蘇王子製紙有限公司は日本の王子製紙と南通経済技術開発区総公司が合弁で建設するもので、プロジェクトの投資総額は19億5400万ドル、登録資本は9億1100万ドルで、そのうち日本側の登録資本は90%、南通側は10%を占める。(編集YH)

 「人民網日本語版」2008年12月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古