2008年12月10日    中国語版日本版
更新時間:18:00 Dec 10 2008

ブレーキランプが点灯しない 三菱が1万台以上をリコール

 国家品質監督検験検疫総局は9日、日本の三菱自動車工業株式会社がこのほど、輸入車「グランディス」および「アウトランダーEX」の一部を18日からリコール(回収・無償修理)することを届け出たと発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 リコールの対象となる車両は、2006年6月14日から2008年3月6日に生産された、2007年・2008年版の輸入グランディス6090台と、2006年11月23日から2006年12月28日まで、および2007年11月7日から2008年4月15日まで生産された2007年・2008年版の輸入アウトランダーEX6895台で、中国市場では計12985台販売されている。

 ブレーキランプのスイッチの接触不良により、ブレーキランプが点灯しなくなるおそれがあるという。また、アウトランダーEXのブレーキランプが点灯しなくなった場合、シフトレバーがパーキング位置から動かなくなる状況も発生するという。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年12月10日

 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古