2008年12月12日    中国語版日本版
更新時間:11:03 Dec 12 2008

日本の安川電機、広州の設備製造企業と提携

 日本の安川電機は10日、広東省広州市茘湾区の西朗デジタル制御設備科学技術パークにある企業と、戦略的パートナー契約調印式を行った。式典には、同市共産党委員会常務委員を務めるウ毅敏・常務副市長と徐志彪副市長が出席した。「広州日報」が伝えた。

 今回の契約調印は、広州企業のデジタル制御システムの技術レベルが世界のトップレベルに迫る上で、重要な意義をもつ。安川電機は1915年に創業され、93年の歴史をもった工作機械分野の世界的企業。ACサーボやインバーター、ロボットの生産量は世界トップで、年間売上高は40億ドルを超える。

 同パーク関係者によると、同パークの設備製造企業と世界トップの設備製造企業とが提携することで、中国の設備製造分野における広州市の地位向上や、デジタル制御工作機械の重要部品の生産にプラスになる。また市全体の先端的設備製造業の発展を促進する上で、重要な役割を果たすことになる。(編集KS)

 *「ウ」:「おおざと」に「烏」

 「人民網日本語版」2008年12月12日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古