2008年12月16日    中国語版日本版
更新時間:13:26 Dec 16 2008

中国 年末にも3Gライセンス発行へ

 国務院新聞弁公室の記者会見で工業情報化部の李毅中・部長は、中国は今年末から来年年初をめどに第3世代携帯電話(3G)のライセンスを発行する方針であることを明らかにした。中国の自主知的財産権をもつ、中国移動(チャイナモバイル)のTD―SCDMA、中国聯通(チャイナユニコム)のWCDMA、中国電信(チャイナテレコム)のCDMA2000が対象。うち中国聯通の技術は「EU基準」、中国電信の技術は「米国基準」となっている。

 中国移動、中国聯通、中国電信の3社は投資拡大・技術革新の強化に向けすでに準備を整え、来年には少なくとも3Gに2000億元を投入する見通しだ。これは金融危機に対応し、経済発展をけん引する上で重要な意義をもつ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年12月15日

 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>シングルの7割「この冬、心温まる恋がしたい」
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古