2008年12月17日    中国語版日本版
更新時間:17:10 Dec 17 2008

上海万博まであと500日 金融危機の影響なし

「アイディア・バビリオン」と名付けられた英国館のイメージ図。

 上海万博500日前のカウントダウンイベントが17日に行われた。今年迎えた国際金融危機に対し、国内外からは「上海万博にどれほど影響を及ぼすのか?中国政府が公約した約200カ国(国際組織)の出展は実現できるのか?」といった疑問の声が上がっている。

 その2日前の12月15日、上海万博事務局の責任者はメディアに対し、アイスランドと上海万博出展の契約を締結したことを公表した。金融危機の影響を受け、アイスランドの財政は非常に厳しい状況だったため、従来10月中旬であった契約締結のための訪中予定が延期されていた。今回最も危ぶまれていたアイスランド出展が実現しただけに、関係者も一安心といったところだ。

 今回の金融危機の打撃は、上海万博の準備に影響を与えるものではないという。逆に、数々の情報が、上海万博の開催成功を裏付ける自信に繋がっている。

 ▽100日間で78カ国が出展契約を締結ー契約締結のピークは金融危機の影響が拡大後に

 海外出展者の規模やクオリティは、万博開催の成功を握る重要な鍵になっている。温家宝総理によるインビテーションが2006年3月に発されてから今年12月15日まで、すでに183カ国および45の国際組織の出展を確認している。

 だが、「確認」は、たんなる政治上の承諾にすぎない。「出展契約の締結」を行って初めて、出展側が法的なプロセスの第一歩を踏んだことになる。

 上海万博の責任者は、「今回の金融危機は多くの国に影響を与えているが、今のところ、出展を辞退あるいは辞退の意向を示した国(国際組織)はひとつもない」と述べている。逆に、近日になって上海万博への出展を決定した国もある。11月13日の1日だけでも、37カ国(国際組織)と、出展契約を締結している。

 100日前の時点で出展契約を締結した国(国際組織)はたった87カ国(国際組織)だったが、今ではすでに165カ国になっている。この100日間は金融危機が全世界に拡大していった時期でもある。そうした時期に78カ国(国際組織)と契約締結を結ぶことは全くの予想外だった。

 国家や国際組織の出展のほか、企業ではすでにコカコーラ、シーメンス、中国石油など15社(共同出展も含む)が出展の確認を取っている。上海万博はすでにオフィシャルパートナー約13社、スポンサー8社、プロジェクトスポンサー8社からのサポートを得ている。今のところ、今後の計画を変更すると発表した企業はゼロだ。

 出展確認や契約締結の速さ、また出展数とも、150年以上の歴史を誇る万博史上、稀に見る記録を出している。

[1] [2] [3] [4]

スイス館のイメージ図。
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>シングルの7割「この冬、心温まる恋がしたい」
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古