2008年12月22日    中国語版日本版
更新時間:12:44 Dec 22 2008

国産コミューター機、テスト飛行・認証取得段階へ

 工業・情報化部の審査会はこのほど、中国が独自開発した新型ジェットコミューター機「ARJ21-700」のテスト飛行および認証取得段階への移行を決定した。これにより国産ジェットコミューター機の研究開発は、全面的な試験製造の段階からテスト飛行・認証取得の段階に移行したことになる。

 中国商飛公司の金壮竜総経理(社長)によると、テスト飛行・認証取得の段階に到るまでに要した時間は約1年半。この段階では、技術者がテスト状況を踏まえて機体の各性能に専門的な意見や提案を出し、これらに基づいて飛行機の改良を重ねていき、2010年の認証取得を目指すという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年12月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古