2008年12月22日    中国語版日本版
更新時間:13:27 Dec 22 2008

携帯電話テレビ、来年下半期に商用化

 国家広播電影電視総局(広電総局)科技司の王効傑・司長は21日、北京で開催された「中国広播・電視(ラジオ・テレビ)業界発展趨勢年次総会」において、条件が熟せば、CMMB(モバイル端末マルチメディア放送システム)を利用した携帯電話テレビの商用化が、来年下半期にもスタートするとの見通しを明らかにした。「新京報」が伝えた。

 王司長によると、携帯電話テレビは、全国37都市をカバーするネットワークで技術テストを完了しているという。インフラ全体建設、端末、テストを含めたネットワーク構築コストは1億5千万元。来年には、広電局のCMMB試行ネットワークを全国約100の地級市(省レベル県レベルの中間にある地方行政単位)に拡大する計画。また、第2段階の大規模テスト実施と並行して、テレビ番組、データ放送、付加価値業務(株式情報・インタラクティブ配信など一部機能)などの業務システムの構築を進める。

 ユーザの体験ニーズを満たす目的で、広電総局は今月、CMMB対応端末機の大量集中仕入をスタートさせた。仕入入札募集に応じた端末機種は、現時点で300機種以上にのぼる。広電総局が今回の仕入入札募集で購入するCMMB端末機は約100万台、平均単価は800元と見られている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2008年12月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古