2008年12月29日    中国語版日本版
更新時間:13:05 Dec 29 2008

工業・情報化部、来年の自主革新の重点を決定

 工業・情報化部の李毅中・部長はこのほど開かれた全国工業・情報化工作会議において、「工業・情報化部は来年、重点分野における技術の難関攻略を強化し、科学技術成果の生産力への転化を加速し、科学技術の重大プロジェクトを実施し、いくつかの核心技術でブレイクスルーを目指す」と述べた。また、同部は来年、自主革新を奨励する国の各政策を推し進め、企業の▽自主開発▽共同での難関攻略▽業界や分野の垣根を越えた革新--を支持し、生産部門・学校・科学研究機関の産学研連携を促進していくとした。

 李部長は技術の難関突破を目指す重点分野として、▽原材料▽設備▽消費財▽電子情報??を挙げた。それぞれの詳しい内容は以下の通り。

 (1)原材料分野では鉄鋼、非鉄金属、建築材料、化学工業業界における新素材・新製品の研究開発を重点的に支持し、市場ニーズに応える。

 (2)設備分野では、冶金・石油化学工業などの先進的なプラント設備を重点的に支持する。また超超臨界火力発電ユニット、新エネルギー自動車、新型多目的中型ヘリコプターなどの大型鋳造、高級ベアリングなど重要部品の技術を把握し、製造技術における難関攻略を目指す。

 (3)消費財分野ではハイテク繊維、工業用織物、高付加価値軽工業製品、食品安全検査機器の開発を重点的に支持する。

 (4)電子情報分野では、ソフトウェア、IC、新型フラットパネル・ディスプレイ、半導体照明、次世代ネットなどの要となる技術の研究開発、産業化を重点的に支持し、ソフトウェアとIC産業の新しい政策を打ち出す。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2008年12月29日 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古