2008年12月29日    中国語版日本版
更新時間:11:12 Dec 29 2008

中国初の合弁民間ヘリ、来年末に販売開始

 中国初の民間ヘリコプター合弁生産事業は順調に進んでおり、来年末にはラインオフし、販売が始まる見込みだ。28日には北京で、ヒラー(中国)飛機制造有限公司と山西シン海盛貿易有限公司による協力事業契約の調印式が行われた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 ヒラー(中国)飛機制造有限公司の徐慶祥董事長の説明によると、同社は河北張家口察哈爾通用航空有限公司と米ヒラー・エアクラフト社による中国初の民間ヘリコプター生産合弁会社。中国側が資本金8000万ドルの60%を出資し、07年に設立された。ヒラー社のUH-12型機を導入し、年産200機、生産額26億元、粗利益10億元を目指す。UH-12型機は現在世界で最も汎用性と経済性を備えたヘリコプターで、救難活動、交通管制、海上石油、森林保護、播種、農薬散布、鉱脈探査・採掘など多くの低空活動に幅広い使用が可能。

 合弁会社はまず米ヒラーUH-12Eの3型番・5規格の軽ヘリコプターの組立から始め、その後尾翼・機体・座席など部品の生産も徐々に手がけ、さらに独自の特許技術の開発も進める。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年12月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古