2008年12月29日    中国語版日本版
更新時間:14:52 Dec 29 2008

化粧品の全成分表示が必須に 2010年6月以降

 北京市薬品監督管理局(薬監局)が28日に明らかにしたところによると、2010年6月より、国産および輸入化粧品に含まれる全成分を説明書に表示しなければならず、表示していないものは販売を禁止する。薬監局の責任者によると、化粧品メーカーは製品に含まれる栄養成分については表示したがるが、防腐剤や色素などの補助成分については説明書に書くことは普通ないという。化粧品の全成分を表示することで、消費者の「知る権利」を確保することができる。現在の化粧品説明書は2010年6月まで使用できる。「京華時報」が伝えた。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2008年12月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古