2008年12月29日    中国語版日本版
更新時間:16:07 Dec 29 2008

2009年、中国経済が直面するであろう4つの難関

 2009年、中国マクロ経済の最大の挑戦は、「ハード・ランディング」--つまりGDP成長率が7%以下に落ち込むこと--を回避できるかどうかにかかっている。専門家によると、中国経済が「ソフト・ランディング」を実現する可能性のほうが「ハード・ランディング」の可能性よりも高いものの、中国経済は4つの難関に直面するという。広州日報が伝えた。

 ▽景気刺激政策の影響にも限りがある

 中央が打ち出した景気対策の4兆元の投資(GDPの15%に相当)と、地方政府による18兆元の投資プランはGDPに2--3ポイント貢献するだろう。しかし、格付け会社「ムーデイス・インベスターズ・サービス」は、中国政府が今後数年で実行する巨大な景気刺激計画の中国における影響には限りがあるとしている。全世界の経済が徐々に衰退するため、4兆元の財政投資も輸出の低下を抑えるのは難しく、また、製造業の受ける打撃に対処するのは難しい。

 ▽デフレとインフレが交互に出現

 多くの専門家が、来年上半期に中国でデフレが出現、下半期には今度はインフレの圧力が増大すると見ている。JPモルガン・チェースの中国区チーフエコノミストのキョウ方雄氏は、来年PPI(生産者物価指数)はマイナス3%、CPI(消費者物価指数)は最大でも1%となるだろうとしている。上半期にはCPIはマイナスとなる可能性があり、このことは消費者の買い渋りを招く。最終的なCPIがプラスとなると予想されるのは、中国政府が水、ガス、電気などの価格を引き上げるなど、政策上の調整を行うと思われるからだ。またマクロコントロールは投資牽引型なので、現在一部の投資品の国内価格は下げ止まり、反発を見せており、石炭やローエンド(低価格)鋼材などは最近売れ行きが好調となっている。来年の第2四半期以降、PPIはCPIよりも先に高くなり、来年下半期に中国はインフレの圧力に直面する。

 ▽企業の在庫増加、生産コスト高まる

 生産能力を減らし、納期時間が延長したために、多くのメーカーでは今年、在庫の削減に努めている。しかしシティグループは在庫が引き続き増加するとの見方を表している。

 また、国内で見ると、「労働契約法」の発表以来、環境保護の厳格な推進により、企業の生産コストは増加している。このほか、人民元の対ドルレートもわずかに上昇すると見られている。人民元が10%上昇するごとに、委託加工を主とする企業の生産コストは2--3%増加するという。推計によると、人民元の対ドル為替レートが5%上昇すれば、今年上半期から来年上半期までの貿易黒字累計はおよそ1260億1200万ドル--1498億9700万ドルとなり、前年同時期と比べ39.7--49.3%の減少となる。

 ▽消費の増加速度が落ちるのは確実

 サブプライム危機による外需の大幅な減少により、2009年には消費者の自信も消失、また、失業者増加などの影響を受け、消費の増加速度が落ちるのは確実と見られる。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2008年12月29日 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古