2008年12月30日    中国語版日本版
更新時間:10:36 Dec 30 2008

中国初の新エネルギー自動車産業基地が設立

 北京新エネルギー自動車設計製造産業基地が28日、北汽福田公司内に設立され、万鋼・全国政協副主席(科学技術部長)と郭金竜北京市長が同社に産業基地の扁額を授与した。中国初の新エネルギー自動車産業基地として、全国のモデルとなる。

 北京新エネルギー自動車設計産業基地は、福田汽車を中心に、50億元を投じて設立。年産で各種の代替エネルギー・新エネルギーバス5000台、高効率省エネエンジン40万台の生産能力を持つ。クリーンエネルギー、代替エネルギー、新エネルギーの3大エコエネルギー技術で世界と足並みを揃え、現在すでにハイブリッド、純電気、水素・燃料電池、高効率省エネエンジンの4大コア設計製造センターを備え、福田公司が生産する中・大型バス、大型トラック、軽トラックなどに幅広く応用されている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年12月30日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古