2009年1月6日    中国語版日本版
更新時間:16:52 Jan 06 2009

北京市民の7割に金融危機の影響 公務員が最も安定

 北京市社会情勢民意調査センターはこのほど金融危機に関する専門調査結果を公表した。北京市の18区・県、2千人を超える住民を対象に訪問調査を行った結果、「金融危機の影響を直接受けている」と回答した人は69.6%に達した。「影響が極めて大きい」とした回答者は15.7%に上り、41-50歳では世代別最高の22.2%に達した。「新京報」が伝えた。

 調査によると、金融危機の影響が最も小さいのは教師で、最も大きいのは個人事業主・自由業者となった。調査対象となった個人事業主・自由業者186人のうち、「影響が極めて大きい」と回答した人は22.6%に上った。
毎月の収入が1万元以下の家庭では、より収入が低い家庭ほどより大きな影響を受けている。2千元以下の家庭では、影響を受けていると感じている人は70%以上に上った。月收9千元以上1万元未満の55世帯のうち、金融危機の影響を感じているのは32世帯にとどまり、調査を受けた家庭の中で影響が最も小さかった。

 さらに、昨年、給与水準が基本的に変動しなかった被調査者は54.9%、収入が減った人は26%以上となった。うち、公務員の給与所得が最も安定しており、調査を受けた50人の公務員のうち、給与は基本的に変動していないと回答した人は42人に達した。一方で最も上下の幅が大きかったのは企業・事業体の管理職で、250人以上の被調査者のうち、昇給したのは64人、減給となったのは65人に上った。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年01月06日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古