2009年2月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:15 Feb 17 2009

人民大学の鄭教授に聞く、金融危機に伴う雇用問題

 国際金融危機に伴う中国の雇用問題にどう対応するか?人民日報の記者が全国人民代表大会(全人代)常務委員でもある中国人民大学の鄭功成教授に独占インタビューした。

 ▽国際金融危機は3つのルートから雇用に影響

 ーー現在の国際金融危機はどういったルートを通じて中国の雇用に影響するか?

 鄭教授:国際金融危機の発生後、中国の雇用は3つのルートを通じて影響を受ける。第一に、国外の需要が落ち込み、輸出メーカーの受注が減り、メーカーは倒産またはリストラに迫られる。第二に、投資に対する自信に影響が出て、雇用ポストが減る。例えば、一部の企業は金融危機による直接的なダメージを未だ受けてはいないが、投資に対する自信を失っている。本来の投資拡大、従業員増員の計画を変更して、ひとまず様子見しようとしている。第三に、消費に対する自信が雇用に影響する。

 こういった現状を踏まえて、今必要なのは自信をつけることだ。政府が巨額の資金を投入する目的は内需を拡大し、成長を促進し、自信を増強するためだ。しかし、これらの投資が低水準の重複建設に費やされるなら、かえって投資に対する自信を失うことになる。反対に配分が合理的で、構造が最適化されれば、特定の分野をけん引し、投資に対する自信を増強できるだろう。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古