2009年1月7日    中国語版日本版
更新時間:14:46 Jan 07 2009

人民大学の鄭教授に聞く、金融危機に伴う雇用問題 (3)

 ▽国民収入の向上が雇用促進にプラスに

 ーー雇用を促進するため、工場におけるワーカーの雇用を奨励し、給与をダウンする必要があるという意見があるが、国民収入のアップと雇用促進との間に矛盾が存在するのでは?

 鄭教授:現代は消費が生産を決定する社会だ。マクロ的論理からいうと、国民収入が増加すれば消費ニーズも増加する。収入がニーズをもたらし、生産を促進する。収入は消費と生産に深く関係している。

 今回の金融危機の中でも、中国に長期的に存在する低い国民収入が消費ニーズを抑えてしまうという問題を露呈した。例えば、国際的な需要の低下は玩具工場の倒産を招いたが、中国の農民の子どもはおもちゃを持っているか?中国の多くの低収入家庭は子どもにおもちゃを買ってあげられるか?こういった意味でも、国民収入のアップは少なくとも中国の現段階ないし今後長期間にわたって消費のけん引にプラスになるばかりでなく、雇用ポストも増やすことになる。両者は矛盾しない。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年1月7日

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古