2009年1月8日    中国語版日本版
更新時間:13:47 Jan 08 2009

北京市朝陽区、国有企業のリストラを一時禁止


 朝陽区の程連元・区長は7日、「我々の情報によると、中央ビジネス地区(CBD)の企業の一部はすでにリストラを開始している。朝陽区はすでに、春節(旧正月)明けに訪れるとみられるリストラピークへの対応に着手している」と述べた。「北京晨報」が伝えた。

 程区長によると、朝陽区は今後、重点企業が人員整理を行う際に政府に事前報告しなければならないシステムを構築する予定だ。また国有企業に対してはリストラをしばらく禁止する措置を取り、国有企業職員のポスト安定をはかる。私営企業や外資企業に対しては、リストラをできるだけ避け、民主的な話し合いによる賃金の調整などを通じて、困難をみんなで乗り越えていくように呼びかける構えだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年1月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古