2009年1月9日    中国語版日本版
更新時間:14:48 Jan 09 2009

哈飛製電気自動車、米国の衝突テストをパス

 国家「十一五(第11次五カ年計画:2006-2010年)」863計画(1986年3月に提出されたハイテクの研究開発レベル向上を目指す重大プロジェクト)によって、ハルビン哈飛汽車工業集団が受託した「哈飛賽豹純電動車開発」プロジェクトは、2年間にわたる研究を経て科学技術難関を突破、このほどついに完成した。「哈飛賽豹」電気自動車の開発技術は今や、国内トップクラスに達している。「黒龍江晨報」が伝えた。

 「哈飛賽豹」をモデルとしたリチウムイオン電池を動力とする電気自動車は昨年、米国道路交通安全保険協会(IIHS)によるNCAP40%オフセット正面衝突テストを見事パス、同テストをパスした初の中国自主ブランド車となった。また、リチウムイオン電池を動力とする純電気自動車が同テストにパスしたのも、世界で初めて。「哈飛賽豹」電気自動車は現在、商用化への準備段階に入っている。米国の市場ニーズと密接に結び付いた同電気自動車は、今年量産をスタート、米国へ輸出される見通し。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年01月09日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古