2009年1月13日    中国語版日本版
更新時間:14:16 Jan 13 2009

中国、品質関連「ブラックリスト」制度を確立

 中国国家品質監督検査検疫総局(国家品質検査総局)の王勇局長は11日、同局は自らの信用を失墜させた企業に対する懲戒処分を強化する目的で、組織・機関の実名制実施をベースとして、品質間連法律・規則に違反した企業名を掲載する「ブラックリスト」制度を全面的に確立し、企業の信用失墜行為を厳しく処分する方針を明らかにした。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 国家品質検査総局は今後、輸出入企業信用管理システムの普及に一層力を入れると同時に、品質検査システムの内部協力体制を強化し、検査検疫と品質技術監督・品質信用情報資源との統合を加速させ、情報資源共有の促進を目指す。また、統一した企業品質文書を作成し、品質信用ランク評価の統一指標システムを構築し、統一した製品品質信用記録ネットワークを構築し、規範に合う企業の品質信用評価システムと情報発信システムを確立する。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年01月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古