2009年1月14日    中国語版日本版
更新時間:11:32 Jan 14 2009

中国、外貨準備高が1兆9500億ドルに

 中国人民銀行(中央銀行)が13日発表した金融統計によると、2008年通年の銀行貸付が合理的に伸び、金融システムが安定化し、人民元の価値が基本的に落ち着き、国民経済の安定した比較的速い発展を促した。

 2008年12月末のマネーサプライ(M2)残高は、前年同月比17.82%増の47兆5200億元となり、伸び率は前年末よりも1.08ポイント、11月末よりも3.02ポイント伸びた。マネーサプライ(M1)残高は、前年同月比9.06%増の16兆6200億元となり、伸び率は前年末よりも11.99ポイント落ち込み、11月末よりも2.26ポイント上昇。通貨流通量(M0)残高は前年同月比12.65%増の3兆4200億元となり、通年の現金投入量は3844億元、前年より541億元多かった。

 中国の外貨準備高は12月末、前年同月比27.34%増の1兆9500億ドルだった。通年の外貨準備高は4178億ドル増えたが、増加ペースは前年よりも411億ドル少なかった。12月の外貨準備高は前年同月比300億ドル増の613億ドルとなった。12月末の人民元対ドルレートは6.8346元。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年1月14日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古