2009年1月19日    中国語版日本版
更新時間:13:51 Jan 19 2009

3Gは一体どれだけの内需を生み出すか?

 国務院常務会議は昨年12月31日、工業情報化部による第3世代(3G)携帯電話ライセンスの発給手続き開始に同意した。これにより中国移動(チャイナモバイル)は中国3G規格TD-SCDMA、中国電信(チャイナテレコム)はCDMA2000、中国聯通(チャイナユニコム)はWCDMAのライセンスを獲得。3Gライセンス発給後、3Gネットワークの構築・端末設備の製造・運営サービス・情報サービスをはじめとする通信産業チェーンが次第に明らかになってきた。業界関係者によると、3Gライセンスの発給は内需拡大につながり、中国と世界の3G発展を推し進めるプラスの役割を果たすという。(作者:北京科技大学経済管理学院の何維達教授)

 実際、3Gはどれだけの内需を生み出すのか?この点に関して、業界内ではさまざまな見方がある。短期的には限定的な内需拡大しか望めないが、長期的(5年前後)には少なくとも1億5千万元の内需をもたらすと筆者は見ている。ここでいう内需には、消費需要だけでなく、投資需要も含まれる。投資需要の面では、3G関連の産業チェーンは5年以内に少なくとも1兆元以上の民間投資につながり、消費の角度から見ると、5千億元以上の消費需要が見込まれる。しかしこの目標を達成するには、次の4つの条件を満たす必要がある。その条件とは▽第一に、産業クラスターを形成すること▽第二に、規模の経済を形成すること▽第三に、サービスを優先すること▽第四に、より多くの消費者が3Gを利用することーー。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年1月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古