2009年1月19日    中国語版日本版
更新時間:17:00 Jan 19 2009

注目の高まる中印経済関係


 国際金融危機が蔓延するなか、中国とインドの貿易はそれぞれある程度の打撃を受けたものの、依然として比較的旺盛な活力を保っている。中国税関の最新データによると、中国の10番目の貿易パートナーであるインドと中国との貿易総額は08年、517億8千万ドルにのぼり、年間成長率は34%に達している。中印関係の経済・貿易分野での急速な発展は、両国関係の新たな注目点となり、アジア太平洋地域の金融危機対処への自信を高めるものともなっている。

 中国とインドの経済協力は80年代以来、両国関係の発展と共に拡大してきた。1990年には2億6千万ドルに過ぎなかった両国の交易額は、20年も経たないうちにほぼ200倍の成長を遂げた。90年代以来、両国の経済・貿易分野での協力は大きく拡大し、貿易総額は年間平均30%を超える成長率を見せてきた。中国はインドにとって、米国に次いで2番目に大きい貿易パートナーとなっている。温家宝総理は2008年初め、訪中したインドのシン首相と共に、貿易目標額を2010年に600億ドルに高める計画を打ち出した。これまでの目標額400億ドルから50%の大幅増加となった。中国とインドとの経済・貿易分野での協力は、両国の政治など各面での関係を改善し、両国と両国民の間での理解と信頼を高める積極的な役割を果たしている。

 中国とインドとの経済協力の動力は、両国の人口規模や市場規模、経済構造がもたらす相互補完作用から来ている。両国の貿易関係は最初、完成品や半製品を中国から輸出し、一次産品をインドから輸入する形で発展してきた。だがここ数年、経済協力構造の着実なランクアップや相互投資の急速な成長、両国経済界の交流により、両国の経済・貿易分野での協力はバランスの取れた拡大を果たしてきた。中国からインドへの主要な輸出品は現在、電信設備や電力設備、有機化工製品や軽工業製品などにわたっている。中国の大企業によるインドへの直接投資も行われ、ソフトウェア開発大手のタタ社などインド企業も中国市場に進出している。

 貿易規模の拡大とインドの対中赤字の増加に伴い、両国には経済摩擦も起こっている。08年第4四半期には特に深刻化し、インドが中国に対して取ったアンチダンピングの件数は07年通年に匹敵する規模となり、個々のケースがかかわる金額も大きく増加した。また、中国製品に対するインドの関税も高いままだ。その原因としては、中国市場経済の地位をインドがまだ完全に認めていないことや、国際経済情勢の悪化がインド国内の保護貿易主義を台頭させていることなどが考えられる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年1月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古