2009年2月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:54 Feb 03 2009

華為、特許申請件数で世界一に 08年

 世界知的所有権機関がこのほど発表した最新のデータによると、2008年に世界で特許申請件数が最も多かった企業・個人は、1737件を申請した通信機器メーカーの華為技術有限公司(広東省深セン市)だった。2位から5位には上から順に、日本のパナソニック、オランダのフィリップス、日本のトヨタ、ドイツのボッシュが並んだ。

 データによると、08年の世界の特許申請件数は累計16万4千件に上り、前年比2.4%増加した。国別ランキングでは米国が1位で約5万3千件に上り、2位は日本(約2万8千件)、3位はドイツ(約1万8千件)だった。4位から10位は上から順に、韓国、フランス、中国、英国、オランダ、スウェーデン、スイスとなっている。うち増加率が高かったのは韓国、中国、スウェーデンで、韓国(7908件)は前年比12%、中国(6089件)は同11.9%、スウェーデン(4114件)は同12.5%、それぞれ増加した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年2月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古