2009年2月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:14 Feb 05 2009

東芝のカラーテレビに品質問題

 東芝のカラーテレビ(型番「46XF300C」)のスクリーン上にタテの線が浮かぶという製品の品質問題に対し、大連東芝テレビ有限公司は4日、現在その原因を徹底して調べており、どの箇所に欠陥があるのか未だ定かではないため、今のところリコールの計画はないと発表した。これについて家電に詳しい専門家の劉歩?氏は、もしこの型番のすべての製品に品質上の大きな問題があるとすれば、メーカーはリコールを考えるべきだと指摘する。「京華時報」が伝えた。

 昨年12月から多くの消費者が東芝のカラーテレビ(型番「46XF300C」)のスクリーンにタテの線が一本または多数出てくるというクレームを訴え、メーカーを通じてスクリーンを交換するなど修理をしたが、それでも問題は解決しなかった。このため消費者はインターネット上で東芝に謝罪と直ちに「問題のカラーテレビ」をリコールするよう要求した。

 大連東芝テレビ有限公司営業本部の担当者は、現在故障の見られるカラーテレビに対しモジュールを交換しているが、原料数と工程速度の制約があり、すべてを解決するに至っていないとし、「問題のカラーテレビ」の数量については明かさず、故障率は確かに正常の範囲を上回っているとだけ表明した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第14号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古