2009年2月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:21 Feb 05 2009

米前財務長官「『金融危機の責任は中国』発言はしていない」

 米国のポールセン前財務長官は3日に出した声明の中で、英国の経済紙「フィナンシャル・タイムズ」が、ポールセン前長官が同紙の取材に応えた際に世界金融危機の原因は中国にあると発言したと報道したことについて、「私の話が誤解されている。この報道はデマだ」と述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 同紙のサイトが2日に報道したところによると、ポールセン前長官は同紙の取材に応えた際、次のように述べた。このたびの金融危機が発生する数年前に、中国と石油輸出国などの発展が急速な新興国が大量の外貨準備を蓄積した。当時はインフレ率が低く、貿易や資本の流動性が空前の活況を呈し、こうした状況の中で積み上げられた大量の外貨準備は収益の低下圧力を増大させ、リスクの拡散をもたらし、世界的な信用バブルの種をまいた。この信用バブルは米国のサブプライム市場(低所得者や信用リスクの高い顧客向けの金融市場)の受け入れ範囲を超えてしまい、バブルが崩壊すると世界的な金融危機という「災難」が引き起こされた。

 ポールセン前長官は新華社に送った声明の中で「中国の新聞やサイトには『フィナンシャル・タイムズ』の報道を引用したものがあったが、この報道はデマだ」と述べた。

 またポールセン前長官は声明の中で「金融市場の危機を評価する際、私は繰り返し、一貫して、批判の主たる矛先を米国に存在する問題へと向けてきた。特に米国の不十分で時機を失した監督管理構造へ、だ。世界的なアンバランスの問題について意見を発表しようとする場合は、常にこうした背景を踏まえての意見となる。繰り返しになるが、アンバランスがどこか一国の責任で生じたということはあり得ない」と述べた。

 ポールセン前長官は昨年11月12日に発表したスピーチを引き合いに出してさらに説明した。同スピーチによると、長年にわたり継続し、拡大してきた世界的なアンバランスが、資本の流動性の急激な増大、低金利、極端なリスク、世界規模での利益・リターンの追求といった現象を引き起こした。こうした問題の責任をどこか一つの国に帰することはできない。米国の貯蓄率の低さは確かに重要な要因ではあるが、アジア諸国や石油輸出国の消費不足と貯蓄の増加、欧州の構造的な問題なども世界的なアンバランスの原因だ。監督管理の問題の解決のみに着手して世界的なアンバランスの解決をはからなければ、世界市場と未来の経済発展の土台とを大幅に改善するチャンスを失うことになる。

 ポールセン前長官は声明の中で「米中関係は両国および世界経済にとって今後も極めて重要だ。米中間の堅固な互恵の関係を維持するために、われわれは直接的な交流にこそ基づくべきで、メディアの報道に依拠してはだめだ」と述べた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年2月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第14号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古