2009年2月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:11:24 Feb 11 2009

EU、最大規模の対中反ダンピング調査を中止

 欧州連合(EU)は7日、中国産ホットディップ亜鉛メッキ板に対して進めていた反ダンピング調査の中止を決定した。これは1979年に対中反ダンピング調査がスタートして以来最大の案件だ。商務部の姚堅報道官は10日、「EUの今回の決定は客観的な事実に基づくものであり、中国は歓迎と賞賛の意を表する」と述べた。

 姚報道官によると、EUは2007年9月以来、中国産鉄鋼製品・鉄鋼加工品をめぐって7件の反ダンピング調査を開始しており、対象製品は鉄パイプ・非合金鋼パイプ、炭素鋼押さえ金具、ホットディップ亜鉛メッキ板、冷間圧延ステンレスボード、PC鋼より線、ワイヤーロッド鋼管、シームレス鋼管など。中国は、EUが関連の反ダンピング案件の決定でも、引き続き客観的で公平な立場を保ち、世界貿易機関(WTO)ルールに基づいて裁決を下すことを希望する。

 また姚報道官によると、EUは中国にとって最大の貿易相手先であり技術の提供元でもある。中国はEUにとって2番目の貿易相手国であり4番目の輸出市場だ。08年の両地域間貿易額は4255億8千万ドルで前年比19.5%増加し、中国の対外貿易総額の16.6%を占めた。現在の情勢の下で、双方には開放と協力を堅持し、両地域間の投資・貿易を発展させ、課題に共同で取り組むことが求められている。中国は両地域間の経済貿易関係をとりわけ重視しており、温家宝総理はこのたびのEU訪問中、EUに調達団を派遣して設備、商品、技術を購入する計画を明らかにし、「欧州とともに努力し、協力の可能性を探り、目下の困難な状況をともに乗り切りたい」と述べた。

 欧州委員会は07年12月、中国産亜鉛メッキ板に対する反ダンピング調査を開始し、金額は12億600万ドルに達し、中国企業約200社に影響が及んだ。同月11日には調査を求めた欧州鉄鋼連盟(EUROFER)が同委員会に対し訴えを取り下げた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年2月11日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古