2009年2月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:17 Feb 12 2009

国務院、「船舶工業振興計画」を採択

 国務院常務会議は11日、「船舶工業調整振興計画」を審議し、原則的に採択した。新華社が伝えた。

 同計画には、▽船舶輸出の買い手に対する貸出資金の拡大を金融機関に奨励する▽遠洋船舶の国内販売に対する財政金融支援政策を2012年まで延長する▽老朽船舶の買い替えと単船殻タンカーの強制廃船を促す政策を検討する----ことが明確に打ち出された。同計画ではさらに、船舶メーカーの生産安定や船舶市場の需要拡大、船舶修理業務の積極的発展、企業の合併・再編の支援などにかかわる多くの内容が盛り込まれた。

 中国船舶協会の担当者によると、金融機構の流動性が縮小している現在、船舶購入への貸し付けに対する引き締めも厳しくなっている。中国の造船業は輸出が70%を占めており、海外の船舶購入者への貸し出しが制限されることは、中国の造船業に大きな打撃を与える。同計画には、輸出船舶の買い手への貸し付け拡大が盛り込まれており、貸付資金への需要が比較的大きい船舶業にとっては明るいニュースとなる。

 浙江省の晨洲船業グループの苗数根・総経理によると、老朽船舶の廃船が同計画で触れられた意義はとても大きい。適正使用年数を超えた老朽船は現在15%以上に達している。老朽船舶の一部に対する強制廃船が可能となれば、造船業の発展を大きく促すことになる。市場の需要が拡大すれば、現在直面している多くの問題も自然と解決していくことになる。

 船舶工業は、水上交通・海洋開発・国防建設に向けて技術・設備を提供する近代的な総合産業であり、鉄鋼業・化学工業・軽工業・繊維業。設備製造業・電子情報業などの重点産業をリードする作用を持っている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年2月12日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古