2009年2月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:17:15 Feb 12 2009

中国人観光ビザの発給が緩和 日本旅行が多元化へ (2)

 ▽今後は週末旅行も

 上海の複数の旅行社によると、日本ツアーの開放以来、観光客数は毎年20%前後で増加してきた。若いホワイトカラーの中には個人旅行で日本に行ってみたいという人も多く、日本ツアーに参加したことのある人にはとりわけこのようなニーズが高かった。日本旅行そのものもリピーターを生みやすい市場だ。もっとも上海青年旅行社の周迎風氏によると、個人観光ビザで日本を旅行すれば、そのコストはツアーよりずっと高くなるはずだと語っている。

 専門家によると、観光ビザ政策の緩和後、週末を利用した2泊3日のツアーなども多くなっていく見通しだ。温泉やディズニーランドなど特定の目的地への観光も人気になるとみられ、リピーターも大幅に増えると予想される。

 ▽日本ツアー開放の歩み(資料)

 2000年 中国人の自費での日本観光旅行が開始

 2005年 中国人の日本ツアーの全面的開放を日本が宣言。ツアーの規模は、ガイド1人を含む5人から40人とされた。そのため、ツアーの最低人数は4人となっていた。

 2008年 日本がビザ発給の条件を緩和。ガイドが付き添っていれば、2、3人の個人旅行者もビザを取得できるようになった。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年2月12日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古