2009年2月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:21 Feb 13 2009

中国 自動車大国までの道のりは長い (2)


 ▽中国は世界で最も成長の速い新興自動車市場へ

 中国は01年末の世界貿易組織(WTO)加盟以降、ようやく自動車の消費が開放され、自動車の生産・販売が急成長を続けている。06年に中国は日本を追い抜き、米国に次ぐ第二の新車消費市場となった。当時の中国の新車販売台数は722万台で、米国は1600万台以上だった。

 国家情報センターの専門家はかつて2010年に中国は米国を追い抜き、世界最大の新車の消費市場になると予測している。

 金融危機の影響により、中国の自動車市場は昨年下半期から低迷し始め、9年連続二桁成長の勢いが08年にストップした。

 金融危機への対応策として、内需を拡大し、国民経済の持続的かつ健全な発展を維持するべく、国は税収や財政など多方面から支援政策を打ち出し、自動車消費の拡大を図っている。これらの支援政策が打ち出されると、消費者は自信を強め、国内の自動車市場は活気づいた。一連の景気対策によって今年中国の新車の販売台数は再び二桁成長を取り戻し、初の1千万台を突破する見通しが出て来た。

[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古