2009年2月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:21 Feb 13 2009

中国 自動車大国までの道のりは長い (4)


 ▽中国は自動車社会に入ったばかり

 董揚氏は、中国は自動車社会に入ったばかりだが、米国はすでに成熟した自動車社会だと指摘する。自動車の研究・開発、企業管理、市場規模、市場サービス、自動車文化など多方面においてまだ大きな格差があるという。

 黄永和氏によると、今年中国の新車の販売台数が数の上で米国を追い抜いたとしても、米国の新車の平均単価は中国よりも格段に高いため、販売総額は米国を大きく下回る。その国の自動車市場の規模には、中古車の販売台数および自動車の保有台数も含まれる。自動車市場の比較的発達した国では、中古車の販売台数は一般的に新車の販売台数よりもむしろ多い。しかし中国では中古車の販売台数は新車の3分の1にすぎない。

 米国の自動車保有台数は2億2500万台で、普及率は78.7%となっている。一方、中国の自動車保有台数は6000万台で、農業用車両を除けば5000万台にも満たない。普及率は5%未満だ。中国が世界一の自動車大国、世界の自動車強国となるにはまだ長い道のりがある。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月13日

[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古