2009年2月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:12:22 Feb 20 2009

発展改革委、人民元値下がり予測の報道はデマ

 国家発展改革委員会新聞弁公室は18日に声明を発表し、国内メディアが伝えた「発展改革委員会の関係者が人民元は1ドル=7元を割り込むとの見込みを示した」との報道はまったくのデマであると述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 声明によると、今月18日に国内メディアのサイトでこうした報道がなされ、各方面に転載されたが、同委関係者がこのような意見を発表したことはまったくないという。

 たとえばあるメディアは、同委の張暁強副主任が取材に応える中で、人民元の対米ドルレートは1ドル=7元の水準くらいまで下がる可能性があると述べたと伝えた。

 国家外匯管理局のトウ先宏副局長は18日に国務院新聞弁公室で行われた記者会見で、「中国が現在実施しているのは、市場の需給を基礎とし、通貨バスケットを参考にして調節する、管理された変動相場制だ。人民元レートが変動するのは当たり前のことであり、変動しなければおかしいが、過剰な変動もまた異常なことなので、レートの大幅変動は防がなければならない」と述べた。

 あるアナリストの指摘によると、国際投資家が先進国経済の一層の低迷に懸念を示し、リスク回避に動いていることから、米ドルが全面的に値上がりし、それ以外の通貨が全体的に値下がりした。こうした状況の下で、人民元の対米ドルレート基準値は4営業日連続で小幅に値下がりしている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年2月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
中国を巻き込むリストラの嵐 new
【特集】胡錦濤主席の中東・アフリカ5カ国歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古